NPO JSS

部活動の現状・未来
ご存じですか?

あと2年で、部活動は
地域に移行されていきます

日本スポーツ支援振興協会とは

私たちは未来を担う子どもたちがより良い環境で学校生活・部活動をおくれるように、
子どもたちが一人でも多く明るい未来へ進めるようにサポートをしています。

JSSとは JSSとは

ミッション

当法人はSDGsの指針に沿って
活動しています。

JSSのミッション JSSのミッション

ー 地域の輪について ー

地域の輪

私たちは、昨今問題となっている学校部活動の問題を改善する為、地域の大学と提携します。
そして、教員、指導者志望者、スポーツ振興を掲げる大学生を中心に中学校、高校へ派遣し教員の働き方改革の推進部活動の質向上はもちろん地域との交流イベントを開催し地域の方々との繋がりを広げていきます。

地域の輪について 地域の輪 について (PDF)

当法人は少子高齢化に伴うスポーツ競技人口の減少と学校での教員の働き方改革、
ブラック部活問題について、「JFS(一般社団法人日本未来スポーツ振興協会)」と連携しスポーツ競技人口増加と、学校部活動のサポート、支援を行っています。

JFS について

今まで保護者への負担が少なかった部活動が、地域へ移行(民営化)される事により負担が増し、
やりたくてもできない子どもがでてきてしまう。
そんな事は絶対にあってはなりません。
誰もが部活動を行える環境を整えサポートする事が私たちの使命です。

文部科学省が2020年9月に部活動について行った会議の内容が以下ボタンからご覧いただけます。

代表挨拶

私は医学部硬式野球部の監督をしておりました。指導者としてもっとたくさんの人に野球を好きになって
ほしい。そんな思いで監督業の傍ら、野球教室を始めました。

教室にきてくれた子供に、部活は楽しい?と聞いたところ
『先生が野球やった事ないから教えてもらえなくてつまらない』、『先生が忙しくて部活にでてこれない
から楽しくない』と返答がありました。
しかもそれは野球だけでなく、その他の部活でも同じだと子どもから聞き衝撃を受けました。

このまま野球教室を一人で行って、そんな子供たちの思いを一人ずつ解消するのは限界がある…
しかも野球だけではなく、全てのスポーツが同じ状況では私一人では到底無理だ…

そう絶望していた時、『部活動指導員制度』という国、スポーツ庁が推奨する制度を知りました。
この制度を使えば、この状況を変えられる!
しかも持続可能な仕組みを作れば子どもたちが必ず通る義務教育の中学校に部活動・スポーツが当たり前にできる、楽しむ環境が作れるのではないかと考えました。

また、『部活動指導員制度』は教員の負担軽減や教育現場の為にもなる事も知りました。

学校部活動は、子どもたちの社会性、協調性を学ぶ大切な場です。
なにより、自分が好きで始めた事が本質とは違うところで嫌いになったり投げ出してしまう事は、私たち
大人が防げる事ではないかと感じました。

そこで、私たちは未来を担う子どもたちがより良い環境で学校生活を過ごせるように、そして、子どもたちが一人でも多く明るい未来へ進めるように活動していく事を目的として賛同してくれた仲間とともに設立に至りました。

弊法人が学校や地域の橋渡しを担い、部活動指導員を確保する事で子どもたちが明るく楽しく、そして笑顔で過ごせる環境を築いていきたいと心から思っています。

理事長 原 大地

神奈川県横浜市生まれ。小学4年から野球を始め、中学では中本牧シニアに所属。
東海大相模高校に進学し、関東学院大学硬式野球部で野球を続けた。
その後、聖マリアンナ医科大学硬式野球部監督に就任。
2019年より野球塾を開校し、 大人から子供まで幅広く指導。
そこでスポーツを行う環境が整っていない事を子供たちの口から聞く。
誰かが改善しなければ、子供たちの未来が危ういと感じ、子供たちの未来をより良いものにする為、賛同してくれた仲間と共に弊法人の設立に
至った。

部活動サポート支援について

弊法人では、国、スポーツ庁が推奨する『部活動指導員制度』を活用し、
教員や指導者を目指す大学生のサポート、教育現場の部活指導教員の負担軽減・生徒への
質の高い技術の支援・サポートなどを行っています。

部活動指導員制度について → 詳しくはこちら

大学生

教員や指導者を目指す大学生。
自身が行っている競技の振興を掲げる意識の高い大学生を採用し、登用するサポートを行っております。

競技を見つめ直す
機会になる

インターンのように
経験が積める

指導者としての
責任感アップ

社会的
スキルの向上

指導者を目指している大学生はこちら

中学校・高校

部活動の顧問である教員が、指導競技の経験が
少なく生徒に十分な指導がおこなえない。
部活動に関わる時間が増加し、教員の負担と
なっている。そんな様々なお悩みを抱えている中学校・高校のサポートも行っています。

質の高い
技術的指導

教員の指導力向上

外部とのふれあい
による心身の成長

教員の部活指導の
負担軽減

指導のご希望はこちら

団体賛助会員について

~全ては子どもたちの為に~
未来の子どもたちが笑顔でいられる環境・仕組みを後世に残していきたい
そんな弊法人の想い・願いにご賛同いただける企業様、提携いただける大学様へ

企業様 企業様

ご賛同方法・詳細につきましては、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせ
大学様 大学様

ご賛同方法・詳細につきましては、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせ
ご賛同いただける皆様 ご賛同いただける皆様

ご賛同いただける個人様は会費、寄付金でのご支援を主にお願いしております。ご相談・詳細につきましては、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせ

法人概要

称 号 特定非営利活動法人 日本スポーツ支援振興協会
種 別 特定非営利活動法人
住 所 〒240-0046 神奈川県横浜市保土ヶ谷仏向西10番14号
創 設 2020年10月15日
法人番号 8020005014829
役 員

理事長 原大地
(東海大相模高ー関東学院大ー聖マリアンナ医科大学硬式野球部監督ー日本未来スポーツ振興協会理事・神奈川支部長)

理事 小川健太
(横浜高ー明治大ー九州三菱自動車販売_硬式野球部ー日本未来スポーツ振興協会代表理事)

理事 若林孝誌
(株式会社MEDICALBAY副社長・フィットネスジムラクネス代表)

会計報告 【賃借対照表】PDFデータ

お問い合わせ

お問い合わせは下記フォームにご入力の上送信ボタンを押してください。担当より折り返しご連絡させていただきます。

※ご回答まで、1週間ほどお時間を要する場合がございます。
※窓口の混雑その他、弊団体の業務上の状況により、それ以上のお時間を要する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

お名前必須

ご住所

メールアドレス必須

お電話番号必須

お問い合わせ項目必須

お問い合わせ内容